内科の力で病をDelete~病院でより効果的な治療を受けよう~

腎臓病の早期発見

働くナース

糖尿病の罹患率の増加で、最近は腎臓病を患うケースが多く見られるようになりました。腎臓病は症状が現れにくいことがあり、早目に専門検査を受けておくことが大切になるのです。腎臓病の透析治療では、腹膜透析という方法も選択出来ます。

新しい選択肢

男性医師

白血病治療というと、化学療法や放射線療法が主流となっていました。しかし、現在では、補完代替医療という新たな治療方法が取り入れられてきています。自分に合った方法を見つけましょう。

白血病の治療法

聴診器

白血病の治療を行う際は寛解導入療法を行うことで血液の中の白血球の数を正常に戻すことから始まります。そして地固め療法の後に寛解維持療法を行うことで症状を安定させ、白血病の完治を目指します。

オススメリンク

  • 通いやすさで選ぶ人工透析クリニック

    自分にあった場所を選ぶことができるので人工透析を東京で利用したいと思っているならここを参考にするといいでしょう。

放射線治療の実際

金髪の女医

低侵襲と低副作用

放射線治療には、外部照射と小線源治療に大別されます。前者では放射線を照射する装置を用いて治療するものであり、後者では放射線を放出している小線源を体内に刺入させるものです。 近年、外部照射として用いられている放射線治療装置の発展は目覚ましく、特に低侵襲や低副作用が改善されている傾向にあります。照射部位によっては、体の動きを抑制するために金属で侵襲的に固定しなければならない事もありますが、最新の装置では自動追尾機能が備わり、固定の必要性が無いものがあります。また、体外から病巣部へ放射線を照射するものである為、正常な皮膚や病巣部周囲への放射線副作用は大きな課題となっています。近年では、病巣部へより効果的に集中照射できる装置が開発されており、過去の装置と比べ一段と低副作用の効果が発揮されています。 今後も低侵襲や低副作用への課題は、更に改善されていく予想されるものであり、より安全により効果的な治療へと発展する事に期待が寄せられます。

外部照射における注意点

外部照射を行う放射線治療装置には、現在様々な種類の装置が存在します。装置によって放射線の種類や原理が異なるものです。病巣の種類や位置などによって放射線治療に用いる装置も異なってきますので、最新の装置を用いた方が全て結果が良いというものではありません。あくまでも病巣に最適な放射線治療装置を選択するものであり、医師の判断が主な選択基準となります。 また、いくら最新の放射線治療装置だからと言って、全て低侵襲、低副作用と言う訳でもありません。放射線に用いる放射線量は大きな線量を用いる為、リスクの可能性が決してなくなるものではありません。がんや腫瘍を克服するためには、放射線治療装置装置に頼るだけでなく、様々な副作用を十分理解し、それに向けた生活リズムの改善や対策を自ら挑む事で最良の結果が生まれるのです。