内科の力で病をDelete~病院でより効果的な治療を受けよう~

白血病の治療法

聴診器

さまざまな病気が流行している現代で、昔から発症することが多い病気が白血病です。白血病は血液の中に含まれている白血球が異常に増えてしまう病気のことで、年代を統一せずにさまざまな人達の間で発症しています。白血病になると貧血や免疫力などが低下してしまうことが多く、一部の方からは血液のがんとも言われています。一般的に行なわれている療法には三段階のステップがあり、それぞれによって大きな特徴を持っています。まず最初に行なわれる療法が寛解導入療法で、どのような患者でもまずはこの治療法を行うことで症状の改善を計ります。強力な抗癌剤を使用することで白血病の原因となる細胞を減らし、徐々に白血球の数を正常に保つ治療法で約7割程の確率で症状を改善できるとされています。ですが強力な抗癌剤を使用するため副作用も強く、吐き気や脱毛などの複数の副作用が高確率で現れるので注意が必要です。

寛解導入療法によって白血病の症状を改善できた後は、地固め療法による根本的な治療を行ないます。複数の抗癌剤を組み合わせてしようすることで原因細胞を根絶する方法で、完治するまでに数ヶ月間投与を行う必要があります。この地固め療法によって身体の中の原因細胞をほとんど処理した後は寛解維持療法によって再発を防ぎます。弱い抗癌剤を定期的に使用することで症状を一定に保ち続けることができます。このように治療方法には決まった流れが存在しており、段階的に行うことで効率よく治療を行うことができます。この他にも療法はいくつかあるので、一度病院などに問い合わせてみるようにしましょう。白血病の治療を行う際は医師とよく相談を行なうことで解決策を見出し、自分に最も適した治療法を行えるようにするのが大切です。